October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

084 聖ルカの聖母の聖地

日曜日に友人がフランスからボローニャへと休暇で来ていたので、電車に乗って会いに行ってきました。

どこか行きたい所ある?
と聞かれたので、迷わず062の記事の最後で少し書いた 『聖ルカの聖母の聖地』 (il santuario della modonna di San Luca) を挙げ、行くことに。


そこまでは延々と続くポルティコを歩いて行く事になるので、とりあえず腹ごなしの為にレストランへ。

観光地ではないボローニャの町で日曜にレストランを見つけるのは意外に大変で、結局友人が昨晩食べたという本屋に併設されたEatalyというお店で食べたのですが、このお店、日本にも数店舗あるようで、ちょっとびっくり。
でも確かに代官山とかにあってもおかしくないような内装&料理でした。




この本屋とレストランが入っている建物は3つの建物の壁をぶち抜いて空間をつくったらしく、教会の壁の一部が残されていたり、となかなか興味深い空間でした。






シースルーのエスカレーター。

前にも書きましたが、こういうスケールの大きいスペースはフィレンツェではありえないよなあ、とため息をつかざるをえませんでした。


聖域へのポルティコは、街の南西にある中世の門、サラゴッツァ門 (Porta Saragozza) から始まります。



ここからずーっと3,796km続くポルティコがある訳です。



ポルティコのアーチには番号が振られていて、全部で666のアーチがあるとのことです。
666という『悪魔の数字』と同じ数を選んだ理由はなんでしょうね?


いざ!


ここらへんはまだ楽勝です。


横道からポルティコを見たところ。


ずーっと歩いていくと、奥に階段らしきものが。





メロンチェッロの門(Arco del meloncello)
道路の反対側に渡る橋になっています。


ここからがいよいよ本番です。
この坂を見ただけで、ちょっとゲンナリ・・・。




ジョギングをしてる人や、


自転車を抱えて運んでいる人もあり。


アーチ毎に修復のための出資者の名前が記されていました。


約1時間後半後についた目的地。
正直いって教会自体はそう大したことないかな。


景色は最高。

実はこの日のボローニャは最高気温が41度まであがったそうなのですが、ずっとポルティコの影の下を歩いていたのでそこまで気温が高いとか思いもしませんでした。

友人といろいろ話しをしながら散歩、の楽しい日曜日の午後を過ごせました。






JUGEMテーマ:イタリア
 

comments

   
pagetop