July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

074 ミラノ・サローネ 2011 その2

(この記事は先週書いたものですが、うっかり投稿し忘れていました。今後、気をつけます。)


先日の日曜は復活祭でした。
それに伴って前後も祝日になり、多くのイタリア人はヴァカンスを楽しむのですが、
復活祭に、クリスマス以上に馴染みのない私は普通に仕事をしておりました。


さて、前回に引き続きミラノ・サローネのレポートを。

見本市会場では、ユーロ・ルーチェ (Euro Luce) と呼ばれる照明がメインのイベントと、バスルームなどの水周りがメインのイベントが一年事に交互で行われるのですが、今年はユーロ・ルーチェの年で、会場外のフオーリ・サローネでも多くの照明を目にしました。

今回は照明をメインにレポートしていこうと思います。



Corner lamp / Roberto Cardenas
スウェーデン在住のチリ人デザイナー。



Light fixture / Lukas Dahlén
電球が支柱にそってくたっと変形しています。











Koura / David Trubridge
照明自体は大きいのですが、組み立て式の為パッケージがコンパクトになり自然にやさしいシードシステム、というのが売りのようです。



色々なバリエーションがあり。
内側に色が着いているのが奇麗です。


タイのスローハンドデザイン、というスタンドにあった照明。


OLNI / Julien Phedyaeff


RAIMOND / OX-id (?) / moooi


HERACLEUM / Bertjan Pot / moooi
ハナウドという植物をモチーフにしたランプ。


Beads / Winnie Lui / innermost


下からの部分拡大図。黒い球体の上に鏡像が写りこんでいてとても奇麗。






横からの部分拡大図。


Fragile Future / Studio Drift
モジュールで自由自在に変形・拡大可能な構造の中にタンポポの綿毛のようなもので覆われたランプが点在する、照明というよりオブジェのような作品です。



ネオン管を使ったコーナーの為の照明。
(光が縞状なのはiPhoneで撮影した為で、実際は普通です)


多分、次回もサローネのレポートが続きます。




JUGEMテーマ:イタリア
















comments

   
pagetop