July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

068 古都 鎌倉

イタリアに帰国する前に、いつもの様に東京に数泊しました。

時期的に美術館の展示の入れ替えが行われているらしく、あまり興味を引くものもなかったので、今回は主に人と会うことに時間を費やしました。


その中で、大学時代の友人との恒例行事になっている鎌倉散策を紹介しようと思います。
今回は鎌倉の東部も周り、鎌倉歴十数年にして初めて見るものが沢山ありました。


宝戒寺の入り口の巨大な飛び石(?)
萩寺として有名で、秋になるとこの写真の両脇に萩の花が咲き乱れるようです。



絵馬がちょっと変わった形。



荏柄天神社の門の紋様。
この神社は菅原道真を祀っていて、日本三天神の一つだそうです。
(あとのふたつは福岡の太宰府天満宮、京都の北野天満宮)



境内には菅原道真の家紋(?)の梅があちこちに見られました。







鎌倉宮の獅子頭のお守り。


身代わりさま



瑞泉寺の脇の空き地に置かれていた鬼瓦。




中心にたぬきの像が祀られています。


有名な瑞泉寺の石庭にむかって祈祷する石仏たち。



一般住宅の塀も素敵です。



杉本寺
鎌倉最古の寺で、屋根が茅葺です。


杉本寺の入り口。




鶴岡八幡宮の近くの骨董屋で購入した、和菓子や中国菓子(?)を作る為の木型。



ちなみに、今年のおみくじは『吉』でした。








comments

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2011/02/24 4:54 PM
   
pagetop