June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

037 バルセロナ3

更新するのが遅くなって、もうしわけありません。
ここのところ仕事でずっとフィレンツェに居ない日が続いていて忙しい日々を過ごしています。

今年のイタリアの6月は梅雨かと思う程に沢山の雨がふり、また気温も低かったのですが、ようやく30度を超える快晴の日が続くようになってきました。

待ち望んでいた暑さではあるものの、こうなるとイタリア人は頭がボーっとしたり、短気になったりするようで、あちこちで喧嘩をするのを見かけるようになるのも、また一興。


さて、前回の続き、バルセロナでの2日目の話。

この日の午前中は、サグラダ・ファミリアへ。
この教会が未完成なのは言うまでもないですが、昨今のテクノロジーの進化によって工事のスピードは格段にあがったと聞いているので、前に訪れた5年前よりもさぞ工事も進んだろう、と期待しつつ行ってきました。


教会内部。
柱そのものに色がついている上に、ステンドグラスを通った様々な色の光が当たって、色の洪水が起きていました。

内部を見学中ももちろん工事は進行中で、見たところ床の敷設をしていたので、工事は結構進んでいるんじゃないかと思います。


果物がモチーフの尖塔のひとつ。

・・・の作業をする人たち。

鳥かごのような物の中に閉じこもって作業をしていました。
足場からこの鳥かごの中へ入る為の梯子のようなものも何も見えなかったんですが、まさかロープで登るとか・・・?


サグラダ・ファミリアは実物を見るとものすごく感動するんだけれど、形が複雑すぎて記憶にあまり形として残らず、5年前と何が変わったのか少しも思い出せませんでした。


3時間くらいかけて、ゆっくりとサグラダ・ファミリアを鑑賞したあと、昨日の友人と合流して、スーパーでお昼を買って地下鉄に乗り、これまたガウディのグエル公園へ。


高台にあるグエル公園に行くには、かなり急な坂を登らなければならず、オープンなエスカレーターが設置されていました。

暑くて日差しが強かったせいもあるけれど、グエル公園は個人的にはあんまり・・・。



海のものをモチーフにした構造は面白いとは思ったけれど。


グエル公園をおりて、友人の友人と合流し、グラシア地区と呼ばれる界隈を散歩。

こんな細い路地が入り組んでいます。


面白そうなショップもちらほらと見かけました。


モデルニスモ建築。
(簡単に言うとバルセロナ版アール・ヌーヴォー)


ひとつ上の写真の建物脇にはこんな現代的な広場があったり。
この三角形の奥に向かってあがっているスペースの下はバイパスの入り口になっています。




グラシア通りにて。
後で調べて分かったのですが、これも伊東豊雄設計。


最後に。
パリに行ったときも思ったんですが、バルセロナでもかなり本格的なグラフィティ・アートを、どうやって描いたんだろうという所で見かけました。











JUGEMテーマ:建築

pagetop