October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

114 ミラノサローネ2014 その1

先週のミラノでは世界中からクリエイティブ職の人々が集結するデザインの祭典、家具の見本市サローネ・デル・モービレが開催されていました。

今年は万博の仕事でミラノにも家があり例年よりは見て周る時間があったはずなのですが、4月頭に提出が終わったばかりの仕事の疲れが抜けきれず、見本市会場は飛ばして街中で展示されているフオーリ・サローネだけ、しかもガイド本を全く見ず、定番と口コミで評判のよいところだけを周るという全くやる気のない感じでした。

このフオーリ・サローネの定番ポイントとは、大まかに以下の6つのゾーンに分けられます。

1、ヴェントゥーラ地区  Ventura Lambrate
(余談ですがこの地区の去年のサイトの写真の一つに僕と同僚のアンドレアが映り込んでいました。。。)

2、スパツィオ・ロザンナ・オルランディ Spazio Rosanna Orlandi

3、トルトーナ地区 Zona Tortona

4、ミラノ・トリエンナーレ美術館  Triennale di Milano

5、ミラノ大学  Statale di Milano

6、ブレラ地区  Brera


今回は上の初めの3つを周って気になったものを紹介しようと思います。

まずは、1のヴェントゥーラ地区から。
最初にオープニングパーティーとして営業時間が延長されていた日に行ってみたのですが、お祭り騒ぎであまりじっくり物を見るというような環境ではなかったので、また後日、昼間に戻って見にいったのでした。

IMG_8955.jpg
お祭り騒ぎの様子。音楽に合わせて壁にアニメーションが投影されていました。

IMG_8957.jpg
ベルリンのデザイナー達のブース。
テープを使って空間を分けていたグラフィカルな空間構成が新鮮でした。

IMG_8959.jpg

IMG_8958.jpg
おそらく展示作品ではない、紙の筒を使った照明が一番良かったような気がします。

IMG_8961.jpg
このフライドボテトを売っていたブースの上に吊られた青系統の色のシャツもとても目をひきました。
このブースをはじめ、今年のフオーリ・サローネは来年のミラノ万博を意識したと思われる、エコや食や緑をテーマにしたものが多かった気がします。

さて、次はスパツィオ・ロザンナ・オルランディ。

IMG_8973.jpg
今年は特に目を引くものがなかったような気がします。
その中で気になったのがこの伊千呂(イチロ)という日本の化粧版メーカーの家具で、
竹籠をゴムに浸す事で強度を持たせて椅子として使える様にしたTAKE KAGOというシリーズでした。

IMG_8970.jpg
店舗スペースで売られていたクラッシックな花柄が刺繍されたオフィス用椅子。

IMG_8972.jpg
軽やかなデザインが満開の昨今で、この重くてカタマリ感のあるスツールがとても気になりました。
が、値段は800ユーロ(11万ちょっと)からで、色と素材によっては1600ユーロまで。。。

写真はないのですがPunktという電話や充電ステーションのメーカーのブースに知人がいたので、そのメーカー主催のCommunication Simplified(単純化されたコミュニケーション)という展示に参加してきました。
その展示は単純に伝書鳩の印刷された葉書にメッセージを書いて送るという内容で、メールやチャットでコミュニケーションをするインターネットの時代を皮肉ったものと解釈しましたが、それを充電ステーションを販売しているメーカーがするのが面白みがあるのだと思います。


最後にトルトーナ地区。
平日の昼間に行ったので、週末の地獄の様な人ごみは避けられたのですが、今年のトルトーナ地区はとてもしょぼかったような。。。

IMG_8976.jpg
TOKYO DESIGNERS WEEKの展示があり、その中でパヒュームのホログラム映像が流れていました。

IMG_8978.jpg
SUTEKI HOMEとして横浜のナイス株式会社が日本の木造住宅を売り出していたのも気になりました。
イタリア人の知人に木造住宅を建てた人がいるし、フィレンツェでも3階建ての木造市営実験住宅が建ったりと、イタリアでも木造プレハブ建築が注目を浴び始めているのかもしれません。


今回はこの辺で。
次回に続きます。





JUGEMテーマ:イタリア
JUGEMテーマ:インテリアデザイン

comments

   

trackback

pagetop