December 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

103 ミラノサローネ2012 その3

 
宿泊先のブエノスアイレス通りのホテルの屋上テラスからの眺め。
数年前までは一番右のピレッローネとレプッブリカ広場の一番左の建物ぐらいしか無かったのに、今のミラノは次から次に新しい高層ビルが建ち始めていてなんだかイタリアではないみたい・・・。

3日目の日曜日。
まずは、トリエンナーレ美術館 (Triennale di Milano) へ移動。

今年のトリエンナーレは不景気の影響か、たいした展示もなく、ちょっと寂しかったかも。


トリエンナーレの監視員のための椅子。
背もたれがトリエンナーレのロゴの赤いTになっています。

3日目となると疲れがたまってメモもカタログもなく、以下の3枚は詳細不明です・・・。






日本人デザイナーによるもので、外の風景がレンズを通して投影される装置。


昼食を軽くすませて、ヴェントゥーラ・ランブラーテ地区(Ventura Lambrate)へ。


コの字型の階段の吹き抜けに天井からぶらさがる様々な色のセロファンシートは、階段での上下移動を視覚的に楽しめるものにしていました。


テーブル。



EIRIYS / Jack Smith
ベニヤを使った松ぼっくり型のランプシェード。


クロアチア・オーストリアのデザイン・アート・パフォーマンス集団NUMENによるインスタレーション。



2年前にフィレンツェのストロッツィ宮の中庭でやった梱包用テープ製のくもの巣のようなインスタレーションのほうがすごかったかな。


この地区は、昔の工場を改築したイタリアらしからぬ新しい住居スタイルの建物が並んでいて、見ていて楽しいです。
というか住んでみたい!






KOSというブランドのキューブ状のスタンド。



Andrea Mancuso & Emilia Serra
細い糸の上に毛糸(?)を絡ませて、空中に落書きしたようなアート作品。




髑髏のパターンのタイル。


TRIZIN STOOL / Michael Blumenfeld


PLUM Tables / Tomasz Augustyniak / Noti


Doll House / Farida and Krzysztof Dubiel / Trzy Myszy
ダンボール製のドールハウス。


Laloushka Dolls / Marta Hryniak, Agnieszka Niezgoda / Laloushka
ここに展示されていたのは、ヴィクトリア・ヴェッカムとかヴィヴィアン・ウェストウッドとかのセレブのものでしたが、サイトにはもっと沢山の種類があるようです。




本物のひよこを使った帽子。
狐の尻尾とか毛皮のことを考えたら別に非常識なことではないけれど、可愛らしいヒヨコを使ってるためインパクトがあるという、考えさせられるアート的な作品。
『いずれにせよ、このヒヨコ達はもう死んでたよ』との作者の注釈あり。


www / Viktor Matic



これにて、今年のサローネのレポートは終わりです。



comments

   

trackback

pagetop